webサイト

Webサイトを立ち上げるのに必要な作業って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress(ワードプレス)でhttpsのWebサイトを立ち上げる時にした作業を説明します。ドメインはムームードメイン、サーバーはバリューサーバーでの作業内容です。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
みぃさんと同じレンタルサーバーのプランを契約したわ!知っている人と同じやつだといろいろ困ったときに聞けるからね♪
みぃさん
みぃさん
世の中にはGoogleというのがありまして・・・まぁいいんだけど(汗)
夢子ちゃん
夢子ちゃん
どんな感じでやればいいのー?教えて教えてー!

ドメインの登録からDNS設定まで

Webページなどは「http://ドメイン/」でブラウザなどからアクセスできますが、まず最初にこのドメインを登録してインターネット上で使えるようにします。

ドメイン名を登録する

ムームードメインさんのサイトに行き、好きな文字列で検索をします。いつも思うんですがムームードメインさんってデザインがかわいらしいですよね。個人的にこのノリは大好きです。

検索すると登録できるかどうか検索結果が表示されます。

希望のドメインが登録可能であれば「カートに追加」して画面の説明に従って登録をすすめます。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
試しに「yumeko」で検索したら取れそうなのも出てきたwww
みぃさん
みぃさん
初年度の料金と2年目以降の更新料が違うことがあるから登録前に確かめたほうがいいよー

結果表示に出てくる検索した言葉の右側にある「.com」などはトップレベルドメインといいます。見た目が違うだけで機能が違うとかはたぶんないはずなので、見たことのある.infoや.bizなど短い名前になるものを選ぶとよいかと思います。

DNSを 設定する

インターネット上にあるサーバーには192.168.0.1のようなIPアドレスというコンピューターに分かりやすい住所が設定されています。

ただ、そういった番号だと人間にとってわかりにくいのでドメイン名を使ってアクセスできるようにしているのが、DNSという仕組みです。

ムームードメインさんで登録したドメインについてはDNSとしてGMOペパボ以外のサービスが設定できます。バリューサーバーを利用する場合は、ここに「ns1.value-domain.com」~「ns5.value-domain.com」を設定します。

この設定後、バリュードメインのコントロールパネルの右メニューにある「無料ネームサーバー」から「他社登録しているドメインを登録」からムームードメインで登録したドメインを設定し、

同じく右メニューの「無料ネームサーバー」から「ドメインのDNS設定」にある登録したドメイン名を選択し、「当サービス内サーバーの自動DNS設定」で自分の契約したサーバーを選択して保存します。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
結構面倒くさい・・・
みぃさん
みぃさん

今回はドメインとサーバーの会社が別だったので面倒くさかったけど、同じところでいっぺんにやるともっと楽かもね。
でもここまで終わればもう少しだよ。

Webサーバーの設定をする

なんとバリューサーバーでは無料SSL証明書対応をしているのです。サイトがhttpsで作れちゃいます。

後から対応するのも大変なので新しいサイトを作るならばhttpsでつくってしまうとよいのではないでしょうか?

みぃさん
みぃさん
そういえば、バリューサーバーでは無料でhttpsでWebを作れるけどどうする?
夢子ちゃん
夢子ちゃん
無料大好き♪やるやる♪ところでhttpsって何?
みぃさん
みぃさん
詳しく説明すると難しいから単純にいうけど、Webサイトでのアクセスを暗号化しているやつなのよ。セキュリティが高いやつなの。
夢子ちゃん
夢子ちゃん
うん、わからん。大した内容を載せるわけじゃないけど格好いいからそっちにするわ。

バリューサーバーのコントロールパネルの右メニューにある「ドメインの利用」から、「ドメインウェブの設定」を選択し、バリューサーバーの説明にある通り、Mainをblank、SSL用ドメインに登録したドメインを記述して保存します。

その後、左メニューの「ドメインの利用」から「無料SSLの設定」をクリックして対象のドメインを選択状態にして「無料SSL設定」のボタンを押します。

数分経過するとhttps://ドメイン名/でアクセスできるようになります。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
「403 Forbidden」って出るんだけどウィルス?
みぃさん
みぃさん
違う違う、それはまだ何もコンテンツをおいていないからだよ。WordPressを入れたらサイトが見れるようになるよ。

WordPressのインストールと設定

WordPressはコンテンツをDB(データーベース)で管理しているため、最初にデーターベースを作成します。

WordPress用のデーターベースを設定する


バリューサーバーの左メニューの「データベース」から「MySQLの追加・編集」を選択し、新しいデーターベースの情報を入力し、「作成」ボタンを押します。

このDB/ユーザー名(上の例では「XXXX_wpsite」)と設定したパスワードはWordPressインストール後の設定で必要になるので、どこかに控えておいてください。

WordPressをインストールする

左メニューの「CMSインストール」から「WordPress」を選択し、設置場所の欄にドメインウェブで設定したドメインを入力して「インストール」ボタンを押します。

みぃさん
みぃさん
wordpress用のフォルダー以下にインストールしたい場合は「ドメイン/wp」みたいな感じでいれるといいよ

インストールがうまくいけば、「https://ドメイン/」でアクセスしたときに以下のようなWordPressの設定画面が出てくるはずです。


WordPressの初期設定

画面の案内に従ってインストールすれば以下のような管理画面と

あらかじめ設定されたテーマでWebサイトが見えるようになっているはずです。お疲れさまでした。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
あー疲れた。これで自分のサイトができたのねー
みぃさん
みぃさん
うん、でもこれだけだと使いづらかったりセキュリティ上よろしくないところがあるからいくつか設定したほうが良いところがあるんだ
夢子ちゃん
夢子ちゃん
ええー!これで終わりかと思ったのにぃ

まとめ

ドメインをとってWordPressでWebサイトを作るまでの流れを追ってみました。はじめてやってみると一般的なブログサービスとは違って難しいと感じるところがあるかもしれません。

でも、興味があるのならば実際にやってみると勉強になりますし自分のサイトに愛着がより持てるんじゃないかなーと思ったりします。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
超難しかった。でも自分のサイトみたらちょっと感激!
みぃさん
みぃさん
初めてなのにここまでできるのはすごいじゃん!

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA