体験談

私がクラウドソーシングでのライティングが続かなかった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Lancersやクラウドワークスなどのクラウドソーシングで、暇なときにライティングを一時期やってみたことがありました。

が、モチベーションが上がらず長く続かなかったのでなんでかなと思いここに少し整理してみようかと思います。

 

私にとってクラウドソーシングが続かなかった理由

報酬が異様に安すぎる

当時の金額を覚えていなかったので今さっき調べてみたところ400文字以上で50~100円とか結構ふざけた金額の依頼がバカスカありました。1文字あたり、0.125~0.25円です。

よくわかっていないのですが、これが相場なんでしょうかね。

本当に初めての初めての人だったら練習をかねてやるのはアリかも思うのですが、これをずっと続けるのはどうなんでしょう?

稼ぎたいんだったらアルバイトとかしたほうがよっぽど良いと思ってしまいましたし、体験談だったらたとえ儲からなかったとしても、自分でブログとかそっちに書いたほうがいいのかなと思い始めてしまいました。

つまり続けるのは割に合わないということです。

体験していない記事は罪悪感があったし、リアルな体験を売り渡すのはもったいなかった

依頼のなかからかけそうな記事をピックアップして書くのですが、いくつかの記事内容は実際に自分の体験していないことを「何となくかけそうだから」と取り組んでいました。

おそらくどこかのWebサイトなどで使われる内容だったと思うのですが、リアルに体験をしたことでないのにそれを参考にして申し込んだ人がいたらいいんだろうかとちょっと罪悪感がありました。

また、実際に体験していなかったので、文字数などは先方の要求に合っているとは思いますが、まったく情熱や気持ちがこもっていなかった記事だったと思います。

なお、自分で経験したことを書くとなるとその当時の状況を調べなおして書き起こすなど手間がかかり、そんな貴重な体験を安価で渡すのも嫌だなと思い、実際に経験したものを記述するタスクについては私は申し込んでいませんでした。

蓄積ではなく切り売り

自分が書いて納品した記事の著作権はクライアントに行くことがほとんどだと思います。

つまり著作権がクライアントにある場合、書いた記事をそのまま自分のブログなどに書いたらアウトです。

一時的に記事で報酬をいただくことができますが、報酬はその場限りです。自分の書いた記事を自分のものとしてためておくことはできず報酬と引き換えに切り売りするといった感じです。

そういった状況から「駄目だ、コレ。クラウドソーシングは搾取構造になっていて割に合わない」と強く感じモチベーションが上がらなくて続けることができなくなってしまいました。

こんな仕組みだったら続けたいけど・・・無理か

批判だけだとアレなので、こんな仕組みだったら続けたいというのを書いてみます。

  • 記事に対して、定期的に報酬が得られる仕組みにする
  • 著作権はライター側に残し、ライター側がブログに載せても良しとする
  • 最低単価をクラウドソーシング側できちんと決めて守らせる

記事の効果に対し、定期的に報酬が得られる仕組みにする

最初の記事が安かったとしても、貢献度(PV等)により報酬があるのであれば、ライター側にとってはモチベーションが上がるのではないでしょうか。

クライアント側は嫌がりそうですね。

著作権はライター側に残し、ライター側がブログに載せても良しとする

こういう記事を書いたという実績にもなりますし、自分の経験としてサイトなどに活かせるのでライター側にとってはうれしいと思います。

これもクライアント側は嫌がりそうですね。

最低単価をクラウドソーシング側できちんと決めて守らせる

やはり複数社いるクラウドソーシングで値下げ活動が活発になるので、クラウドソーシング側は絶対ライターを守ってくれなさそうですね。

仕組みがかわらないなら別の方向で

クラウドソーシング側に代わってもらうのは無理そうなので、こちらが取れる手段としては「甘んじて受ける」か「別の道を探す」ということだと思います。

「甘んじて受ける」については、お勧めできませんが前に触れた状況だと理解されているのであれば、お好きにどうぞ。

「別の道を探す」については、「アルバイト ライター」とか検索するといっぱい出てくるのでそっちを探して職についたほうが、自分の経験にもなりますしずっと自分のためになります。

クラウドソーシングなどを利用するのはおそらく在宅で空いている時間でと考えるからだと思いますが、未経験のときは在宅じゃちょっと無理がありますよね。

自分が雇う側で「未経験だけど在宅でやりたいです」と言われたら信用もまだないのに何言っているのという感じだと思います。

今外で働くのが難しい場合は、儲からないかもしれないけど自分でブログを作ってそこに自由な記事を書いたほうがいいのでなはいでしょうか。自分の経験が他の人にも訳に立つかもしれませんし、広告とか貼っておくともしかして収入が発生するかもしれませんし。

まとめ

簡単にできるクラウドソーシングといっても、長く続けるのはかなり無理があるかもしれません。単価や構造を知って限定的に納得のゆく範囲でトライするのが良いのではないでしょうか。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
子供がいるとなかなか外では働けないのよねぇ
みぃさん
みぃさん
探せば週2-3日でOKというアルバイトもあるよ!

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA