webサイト

XAMPPで複数のWebサイトを立ち上げるときの3ステップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別のサイトのテストをしたいときなど、VirtualHost(バーチャルホスト)というものを設定すると複数のwebサイトが立ち上げられます。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
もう一つ別のWordPressサイトを作るの試したくなっちゃった。
自分の環境で試すにはXAMPPっていうの使えばいいんだよね~。
でも、htdocsとかいうフォルダの中身入れ替えるのだるいんだけど・・・なんかいい手ない?
みぃさん
みぃさん
(もう一個作りたいなんてチャレンジャーねぇ・・・)
ちょっと設定変えるのがあるけど一応別のサイトも同時に立ち上げられるよー。

VirtualHost(バーチャルホスト)って何ですか?

「一つのサーバーで複数のドメインを運用する技術」のことです。

バーチャルホスト(Virtual Host)とは1つのサーバで複数のドメインを運用する技術のことで、Webサーバ、メールサーバなどで利用される。

引用:Wikipedia(バーチャルホスト

文字だけみても何いているかわからず、ちょっと難しいですよね。

例えば、上の図のように一つのIPアドレスに複数のホスト名を設定している場合、アクセスされたホスト名ごとに別のコンテンツを表示することができます。

今回は、ホスト名ではなくポート番号というのを使って別のコンテンツを表示するようにしてみます。

テスト環境としてXAMPP Portableを使います。詳しくは以下の記事をご覧ください。

3ステップで簡単!ポート番号を使ったVirtualHost設定

http://localhost/とhttps://localhost:8008/で別のコンテンツが表示されるように設定します。

ステップは以下の通りです。

  1. localhost:8008のコンテンツを置くフォルダを作成する
  2. 設定ファイルを2箇所修正する
  3. XAMPPのコントロールパネルから起動して確認する

では早速やってみましょう。Windows、XAMPPで説明します。

localhost:8008のコンテンツを置くフォルダを作成する

今回デスクトップにおいてあるxamppのフォルダに、localhost:8008のコンテンツ用のフォルダとしてtestというフォルダを作成しました。

このあたしく作ったフォルダのパスは後で使うのでコピーするかメモ帳に張り付けておいてください

設定ファイルを2箇所修正する

注意:心配な場合は、ファイル修正前にファイルを複製してください

httpd.confの修正

xamppのフォルダから「apache」→「conf」とたどり、confフォルダにあるhttpd.confをエディタで修正します。

以下のように、「Listen 80」と書かれている下に「Listen 8008」と記入してください。(全部半角のアルファベットで記入してください)

記入が終わったら保存します。

httpd-vhosts.confの修正

confフォルダの下に、「extra」フォルダがあるのでそこにある、httpd-vhosts.confを以下のように修正します。

具体的には、以下の下線で書かれているところを先ほどコピーなりしておいたパスで書き換えたものを貼り付けてください。

NameVirtualHost *:8008
<VirtualHost *:8008>
DocumentRoot "C:\Users\****\Desktop\xampp\test"
##ServerName dummy-host.example.com
##ServerAlias www.dummy-host.example.com
ErrorLog "logs/error.log_test"
CustomLog "logs/access.log_test" common
</VirtualHost>
<Directory "C:\Users\****\Desktop\xampp\test">
Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI
AllowOverride All
Require all granted
</Directory>

XAMPPのコントロールパネルから起動して確認する

xamppのコントロールパネルからapacheを起動すると、記述内容に間違いがなければPortsの欄に先ほど記述した8008のポートが追加されているのが分かると思います。

(もしうまくいかなかった場合は、全角で記述していなかなどチェックしてください。)

ブラウザのアドレスバーに、localhost:8008と入れると、以下のようなページが表示されていれば成功です。localhostだけ入れた場合との違いも確認してみてください。

フォルダに何もファイルを入れていないので以下のような表示となっていますが、なんらかのファイルを入れればそのファイルが表示されることでしょう。

まとめ

ローカル環境でまったく違うサイトのテストを平行して行いたい時などにVirtualHostを使うとよいかもしれませんね。

夢子ちゃん
夢子ちゃん
設定した内容はよくわからなかったけど、違うWebが立ち上げることができるのが分かったよ!

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA